最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 10月29日~平日開放最終日~ | トップページ | 11月13日土 自主保育ぽっぽの運動会 »

2010年11月 1日 (月)

奇跡を起こす D by ドリーム

ドリームの最後の?ブログ

感謝を込めて、この場所で出会うことが出来た人へ

ある物語のはじまり、はじまり~

--------------------------------------------------------------------------

ちょっと昔のこと

茶髪でおしゃべり好きのどかたおにぃさん

止まることなく動き続けるつっこみどころまんさいのおにぃさん
がいました

この2人は、いつも一緒に生活をしていたのですが

よくケンカをしていました

ある日

新川には7つの財宝が眠る
ということを老人から聞いて

2人で探すことにしました
しかし、何日間探しても見つかりませんでした

2人は歩き疲れて、大きな山に腰を降ろしました

少し休んでいると
「ベチョ」
っと泥団子が体に当たりました

このやろーと思って、周りを見たら泥スライダーをやっていたり、どろなげをしている子ども達がいました

あまりにも楽しそうなこどもたちの姿を見て、おにぃさん同士もやりあいました
「本気でぶつかり合う楽しさ」
それが1つ目に見つけた財宝でした

遊びすぎてお腹のすいた2人は、食事を作ることにしました
落ち葉や枯れ枝を拾い集め火起こしを始めました

初めてなのか全く火がつかず、諦めそうになりながらもどうにか火を付けることができました
食材は、そこら辺に生えている草や川にいる魚、蜂の子などでした

数時間をかけてやっとの思いで出来上がりました

少ない料理を分け合って食べました
「分かち合う喜び」
それが2つ目の財宝でした

体が疲れて、お腹もいっぱいになると急に眠くなってきました

寝場所がなかったのでさつまいものツルを使って、ハンモックを別々に作ることにしました

1人のおにぃさんはすぐに完成しましたが、もう1人のおにぃさんは全然作れませんでした

できない方のおにぃさんが、作り方を教えてほしい
とお願いしました

そうしたら、完成した方のおにぃさんが頑丈な結び方を教えてくれました

「素直でいることの心地良さ」

「どんな人でもいいところがあること」

3つ目、4つ目の財宝を見つけました

日が昇り、朝が来ると、たくさんの子ども達が遊びに来ました

どろかけをしたり、木に登ったり、枯れ枝や落ち葉を拾い火を起こしてご飯を作ったりしていました

子ども達の中には0歳の子もいました

お母さんやお父さんもいました

笑顔でそうっと遠くから、子どもの遊びのお邪魔をしないように見届けていました

あまりにも楽しそうだったので、2人のお兄さんも一緒に参加させてもらって遊びました

ご飯を食べるもの忘れて、やりたいことをやりたいようにやり続けました

気づいたときには、もう真っ暗になっていました

時間だから帰るね!

という子どもの言葉で時間の存在を思い出し

もう夜が近づいていることに気づきました

次の日も子ども達と遊びました

大人と語ることもありました

ご飯を一緒に食べることもありました

どろかけをして、おんぶをして、ぐるぐる回して、水遊びをして、積み木で遊んで、おにごっこをして、またどろかけに戻る

たまには、子どもや大人の相談にのりました

育児の相談、学校の友達関係の相談、仕事の相談

話を聞くたびに、分かるくらい明るくなる笑顔と感謝の言葉をもらいました

「心の声を聴くこと」

5つ目に見つけた財宝でした

次の日も子ども達と遊び、その次の日も、またその次の日も、またまたその次の日も

遊びが続きました

最初会ったときは

お互いにお前は誰だ?

みたいな関わり方でしたが

会う日数とたくさんの思い出が増えると

会ったときに、大きい声のあいさつやお互いの名前が飛び交うようになりました

自分の子どもではないのに、自分の子どもみたいな存在になりました

ある秋の冷たい風が吹く夜に、2人のお兄さんは話しました

あと、2つの財宝はどこにあると思う?

いくら考えていても見つかりませんでした

ずっと話していて気づいたことがありました

最近、けんかしなくなったね?

ということを。

いろいろ話して

5つの財宝の力を感じました

7つの財宝の意味ってなんだろうね?

財宝の力を感じて考えているときに浮かんできた疑問でした

そして、残りの2つの財宝を見つける力を付けるために

お互いに旅立つことを決めました

自分自身の表現したいように

自分の道を歩んで

財宝を見つけられる力をつけるために

みんなと出会えたからできる決断でした

そして、別れを告げる日が来ました

最後だから、思いっきり楽しもうと思いました

この子達の笑顔が僕たちの心に一生残るように

そのために、たくさんの企画も考えました

企画なんかよりも一緒に足リ回ったほうが楽しいのかもね!笑 と思いつつも。

朝が来て、時間が流れ、夜が来ます

それは別れを意味していました

みんなも別れることを知っていたのか

帰る人、11人が僕たちに声をかけてくれました

1人のお兄さんにびっくりすることが起きました

ある日を境に1人のお兄さんを見るだけで泣き出すようになった1歳ちょっとの子が

この日もお兄さんを見て急に泣き出しました

抱き締めると大泣きしました

最後の帰るときにお母さんに連れられて、お兄さんのところにあいさつに来ました

しかし、そのときはお兄さんが手を触っても泣きませんでした

嬉しかった気持ちと驚きが混じっていました

その子も最後というのを感じとっていたのかもしれません

「奇跡を信じる気持ち」

6つ目に見つけた財宝でした

朝がきて、時間が流れ、夜が来る

夜がくることは別れを意味していました

帰る人帰る人が、おにぃさんに会いきてくれたました

「むぅみん大好き」

「ドリーム大好き」

と言って、抱き締めてくれる子ども達もいました

ギュ

おにぃさん達も最大限の気持ちで抱き締めました

お母さんとは、強い握手を交わしました

子ども達に

バイバイ

と言って別れようとしても

別れが惜しくて違う遊びが始まっていました

バイバイ、バイバイ

数メートル進むたびにバイバイを言い合いました

どんなによき出逢いがあっても、別れがくるときがあります

「一生結ばれた絆」

7つ目の財宝を最後の最後に見つけることができました

お兄さんは、旅に出る前に7つの財宝を見つけました

しかし、喜びとともに、満たされない気持ちがありました

毎日、本気で全力で財宝を見つけるために

頑張ってきたのに、なんなんだろう?この気持ちは…。

お互いに黙り込みました

あっ笑顔だ!

2人のお兄さんが同時に叫びました

お兄さんたちは

財宝のためではなく

笑顔

子ども達の笑顔のために

子ども達の笑顔を守るために

子ども達の笑顔を広げるために

自分達が頑張ってきたことに気づきました

だから、お兄さんは財宝を見つける力をつける旅ではなく

見つけた財宝を使って、

日本中の、世界中の子ども達の笑顔のために

旅立つことにしました

終わり

--------------------------------------------------------------------------

奇跡を起こす

ドリームより

この場を借りて感謝の気持ちを伝えさせていただきます。

本当に6ヶ月間ありがとうございました。

新卒一年目の進路をこの道にして本当に良かったと思っています。

23歳の僕は来年、ジンバブエにいきますが、この場所での経験や出会いが大きな引き出しになると考えています。

最後にQ&A~をしますね。

Q.どうしてドリームって名前なの?

A.夢を持って生きたいから。夢をいつも大切にしているから。夢を叶えるためにいつも本気で生きているから。そして、その過程で、人に夢を与えられる大きい人間になりたいからです。

Q.ドリームの夢って何?

A.生きがいのある社会を創造すること。僕がずっと感じてきたこの社会に生きにくさ(やりたいことができない、人と違うことをすれば差別される、貧しくなった心)を変えていきたいんです。そのための、在り方や方法、自分自身の信念を現在探索中。大前提に生きることを見つめるために、ジンバブエに行くことにしました。

Q.どうして「奇跡を起こす D」がブログの最後についていたの?

A.何か大きなことを起こしたいといつも思っているから。大きなことは奇跡の連続だと思います。あなたとの出会いやタイミングなどすべてのことが重なったときに起こることです。そういうものを自分から起こしていきたいと強く思っています。

以上。

僕のことは、これくらいです。

2013年の夏くらいに再会できたらおもしろいですね!

はははぁ笑

笑っちゃいますよ!☆

子ども達やお家の人を含め

あなたの存在に感謝です。

あなたがいてくれたから僕の人生が幸せです。

11月に実家に帰って、

「僕の両親にも産んでくれてありがとう」

と伝えてきます。

本当に素敵な思い出、体験、出会いをありがとうございました。

むぅみんとやれて本当に幸せだったよ!

またね(*^^)v

« 10月29日~平日開放最終日~ | トップページ | 11月13日土 自主保育ぽっぽの運動会 »

コメント

フクダさん

嬉しいコメントをありがとうございます☆本当に楽しい場所であったということが伝わってきます。
蜘蛛の糸は楽しかったですね!
今度僕は、蜘蛛バトルをやろうと思います(笑
フクダさんの夢が聞きたいです〜♪
人は何歳になっても夢を持って追い掛けられると思います☆夢に向かっている人は、何歳になっても輝いて見えますよね!僕もそうあり続けたいです!

ドリームの活動内容を書いたものは別に存在していますよ!ここのブログには公開できないので、見つけてください☆

ゆこさん

りさこがそうやって話してくれたんですね

ここでやったことを人に教えられることで自分の自信になったり
親子間での会話が生まれたり
したら、僕は本当に嬉しいです!何かが残る時間を一緒に過ごせたことは、ラッキーでした♪
また会いましょうね(^^)v

むぅみんさん。
どりーむさん。

最初お名前を伺った時、
おかしな名前のおかしそうなお二人だなって(すみません)
印象でした。
結果的に2回しか行けませんでしたが、
とても有意義な2日間でした。

二人を中心に子供たちが走り回っていた姿が
今でも頭に焼き付いてます。

何も無い中で皆で何かやるってすてき。
自然の中で皆好き勝手にのびのびやってるってすてき。
その空間に居るだけで、とっても楽しかったです。

36年間、生きてきて
クモのお尻から糸を出し、
指にくるくるまきつけて遊ぶなんて
初めて。
子供と一緒にわくわくしちゃいました。

お二人にお会い出来て
子供さんや親御さんとあの空間に居れて良かったです。

そこに来ていた子供たちも親御さんも
温かい方達で居心地よかったです。

気さくにお声がけしてくれて本当にありがとう。
むぅみんさん、どりーむさん、頑張ってください。
私も自分のひそかな夢(?)に向かって
お二人見習って地道に頑張ります。


それではまた会う日まで!!


追伸;ちなみにどりーむさんのおっしゃってたブログはこちらですか?お二人の活動が分かるブログがあれば是非教えてくださいね。

素敵な物語やね!
ドリームとむぅみんに出会えて、本当に楽しかった!!
昨日、リサコが父親にキラキラビー玉の作り方を教えていました。
「火の燃えてるところじゃなくて、云々・・・。水に入れるときに落としたら割れるの・・・」など詳しく話していました。
誰に教えてもらったの?と聞くと「ドリーム!」今までありがとう!
また会えるのを楽しみにしています 

むぅみんパークが楽しみや♪

お互いにデッカイ夢を叶えようね☆

aiさん

レポートって、また課題ですか?簡便ですよ~笑
それなら、代わりにプレーパークのレポートを送ってくださいね♪
楽しみにしています☆aiという熱き魂を持った子育て中のままに出会えてよかったです!
ありがとうございました(*^^)v

大人の相談者さん

こちらこそありがとうございました。
話にきてくれて嬉しかったです!
プレーパークはただの遊び場だけの機能ではないですよ!
様々な人の想いを実現する場所です!禁止禁止言われる日本社会であっても!
あの場所は、まだあそこにあります!大人の相談者さんみたいに、やりたいことを、みんなであの場所で作っていってください!
市民あってのプレーパークですよ!自分が動かすんです!
本当にありがとうございました!

俺が、ジンバブエから帰ってくるのは2013年の7月だな~帰ってきたらすぐにアメリカに勉強しにいきたいな~
夢は、でっかく!志を高く!足元をしっかりみる!愛も辛さを力にして、頑張れよ!困ったら、空を見るんだ!同じ地球にいるからな!笑

ドリーム

サンクス!

ステキな物語をありがとう!
子どもたちの胸の奥深くにも、2人が手渡した財宝は埋め込まれました。
彼らが大きくなって、困難に立ち向かうことになる時、取り出す日が来るでしょう。

人と人は、本気で関わるからこそ、心の奥深くで響き合うことができるんだね。
初めて会ったとか、その人のことをよく知らないとか、そういうこと関係なしに、大きな声であいさつして、どんどん疑問をぶつけて深く関わろうとするドリームの人との関わり方に、私も教わりました。

魔法の杖で・・・いや、実際には魔法ではなくて、日々の地道な積み重ねと努力が奇跡を起こすのだけど・・・世界の子どもたちを笑顔にして、そのレポートを送って下さい。
楽しみにしてます☆

ai

むぅみん、ドリーム、本当に楽しい時間をありがとうございました。

最終日はそちらに行けなくて、残念でした。

いとこの相談に乗ってもらったこと、
本当に感謝しています。
なかなかトンネルの出口が見えてこない状況だからこそ夢のような風景に出会えたのかと思います。

私はこの世に偶然はなく、すべて必然だと思っています。
たまたまプレーパークに行ったのではなく、行くことが決まっていて、きっとこれがこの先の何かにつながっていると。

彼は長い人生でのほんのちょっとの寄り道かと思っているかも知れないけど、きっと何かにつながっているはず。

プレーパークは子供だけじゃなくて、大人も受けとめてくれる、とても素敵な場所ですね(≧∇≦)

しばしの別れですが、ひとまわり大きくなったみんなを楽しみに、会いに来てくださいね。

本当に今までありがとうございました。
ジンバブエから帰ってきた時は、最初にプレーパークにきてね

このプログ読むと思い出して悲しくなるから最後にします。
ではいつか会える日を願っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡を起こす D by ドリーム:

« 10月29日~平日開放最終日~ | トップページ | 11月13日土 自主保育ぽっぽの運動会 »